FANDOM


株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
Energia Communications,Inc.
種類 株式会社
略称 エネルギアコム
本社所在地 730-0041
広島県広島市中区小町4番33号
電話番号 082-523-3056
設立 1985年4月1日
(中国情報システムサービス)
業種 情報・通信業
事業内容 電気通信事業 等
代表者 取締役社長 佐藤稔
資本金 60億円
従業員数 753人
決算期 毎年3月末日
主要株主 中国電力(100%)
外部リンク http://www.enecom.co.jp/index.html

エネルギア・コミュニケーションズ(Energia Communications)は、中国電力系列の電気通信事業者中国地方内において、ADSLFTTH接続サービスおよびPHSによるデータ通信サービスを行なっている。「エネルギアコム」(えねるぎあこむ)の愛称で呼ばれている。

本社所在地は広島市中区小町4番33号の中国電力本社内。

電力会社系のインターネットサービスプロバイダ(ISP)でありながら、元々独立系のISPであったアーバンインターネットのサービスを継承している関係で、中国電力系のFTTH接続サービス「MEGA EGG」と平行してNTT系のFTTH接続サービス(フレッツ・光など)や福山市一部ではMEGA EGGトリプルサービスによるスカイパーフェクTV!の番組配信サービス(光PerfecTV!)の提供も行っている。

沿革 編集

  • 1985年 情報処理サービスを主体とした中国情報システムサービスCIS)設立。
  • 1992年 専用線サービスを主体とした中国通信ネットワークCTNet)設立。
  • 1993年 中国地方大手のマンションデベロッパーである アーバンコーポレイションがISP運営企業であるアーバンエコロジー社(サービス名:アーバンインターネット)を設立。
  • 1999年 CTNetがアーバンエコロジー社を完全子会社化(後にアーバンインターネットに社名変更)。
  • 2001年 アステル中国がCISにPHS事業を譲渡(アステル中国は同年解散)。
  • 2003年 CISがCTNetと合併し、株式会社エネルギア・コミュニケーションズに社名改称。
  • 2004年 アステルPHSの音声サービス終了(PHSデータ通信サービスは継続)。
  • 2005年 アーバンインターネットを合併。
  • 2005年 9月30日 インターネット接続サービス(CIS インターネット)新規契約受付停止。将来的にサービス終了。
  • 2006年 中国データサービス、中国ネットワークサービスを合併。
  • 2007年 2月28日、PHSデータ通信サービス(MEGA EGG64)及び無線インターネット(MEGA EGGウェーブ)新規契約受付停止。将来的にはサービス終了予定。

かつて行っていた事業編集

アステル中国編集

アステル中国は、2001年10月1日株式会社アステル中国より譲受したPHSサービスのブランド名称である。

詳細は、アステル中国を参照。

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、エネルギア・コミュニケーションズにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。