FANDOM


テンプレート:観点 テンプレート:出典の明記 テンプレート:独自研究

ファイル:Mova P213i prosolid.jpg

ケータイ小説とは、携帯電話で執筆された小説電子書籍)のこと。Yoshiが生みの親だと言われる。

特徴編集

主にケータイ上のサイト(魔法のiらんどGoccoなど)で掲載される。 携帯電話での執筆・閲覧となることから、ケータイ小説は携帯の画面サイズによる制約を受ける。そのため、「改行の多用」「文章表現の抑制(形容詞を減らす等)」「括弧書き(登場人物の会話や台詞)の多用」といった記述方法がとられることがある。このような「携帯での読みやすさ」を追求した結果、従来の書籍の形態で発行される小説と比較して「表現力に欠ける」「語彙が少ない」といった問題点も指摘されている。

人気が出たものは製本化されることもある。しかし一般的な小説の体裁(縦書き・左開き)をとらず、携帯画面と同じように横書きで右開きのものが多い。

発生の背景 編集

元々、インターネット上にはオンライン小説が先に存在しており、電子掲示板小説投稿サイトでは一般の書き手(アマチュア作家)による投稿(発表)、読み手からの批評が行われてきた。また、書籍と同様に様々なジャンル(ライトノベル系、官能小説系、純文学系、ボーイズラブ系、恋愛自伝系など)が存在し、良質なものは大手出版社によって製本化も行われた。だが、利用するにはほとんどの場合パソコンが必要であり、所有していない場合は投稿・閲覧が制限され、例え所有していても通勤や通学途中・外出先などでの利用は難しかった。

アマチュア作家による投稿は、上述の電子掲示板と小説投稿サイトで行われた時代が長く続いてきた。前者の場合、投稿自体は簡単だったが「過去ログ化」「スレッドの削除」「掲示板の維持管理」といった問題を抱え、後者においてはHTMLの知識を必要としたり、サイト管理者に負担をかけるなどの問題があり、投稿者にはある程度のハードルが設定されていた。しかし、携帯電話からのインターネット接続の普及によって場所や時間を選ばず、様々な世代による利用が可能になった。加えて、Yoshiの『Deep Love』シリーズや美嘉の『恋空』といった作品の発表や、携帯から利用できるブログの登場、出版不況に苦しむ業界の流通・製本コスト削減、といった点も「ケータイ小説」という新たなカテゴリを生む要素になったと考えられる。

評価 編集

レンタルスペースを使用して物語を発表し、顔も知らない訪問者に励まされることにより物語を完成させるといった経緯や、サイトへのアクセスが増えれば増えるほど励まし以上の中傷を受けてしまう等といった例は、従来のオンライン小説にもよく見られることである。しかし、携帯電話というツールの手軽さや、利用者を特定することが難しいことによる投稿・発言のモラルの低さ、主な作者が若年であることに起因するネット上の基礎知識や責任感の欠落、少ない語彙と携帯電話画面の限られた文字数による表現力の乏しさなどはケータイ小説に特徴的だという指摘がある。

一口に「ケータイ小説」といっても、実際には従来の小説と同様のジャンルが存在し、そのルーツや性質、読者層、文章表現力の有無、評価の高低など多様である。ライトノベル系や純文学系の中には、プロ作家にひけをとらない緻密な構成で、手堅く書き込まれた小説も存在する一方、日記か携帯メールの文章に近い、語彙が乏しく文章表現が稚拙な作品も多いといわれている。

また、いわゆる文芸評論家による評価が(従来の小説に比較して)行われていない、もしくはその件数が少ないのも特徴的である。文芸評論自体の定義が曖昧なせいもあるが、日本の書評が抱えている問題点(単なる新刊紹介、販売促進手段、発表媒体からの干渉など)に起因するとの見方もある。

評価が低い理由としては、

  • 携帯電話に搭載されている日本語変換ソフトの性能が悪く、誤字・脱字や語彙量の不足を招きやすい
  • 文章に絵文字ギャル文字などが含まれていることがあり、読みにくい・環境によっては読めない場合がある
  • 簡単に執筆できるため、経験の少ない作者によって十分な推敲・修正が行われないまま投稿されることがある
  • ヒットした作品自体の質が低く、同様のレベルでも評価されるのではないかという誤解に基づいた投稿が行われている
  • 性的・暴力的な描写のあるものが多い

評価が高い理由としては

  • 平易な文章で記述されることが多く、難しい漢字や言い回しを知らなくても読むことができる
  • 短いセンテンスで構成されるため、文章が軽く読みやすい
  • メールで日常使っているような文体のため、親近感を覚える

ただ、これらは従来の小説でも同様の指摘が可能である。平易な文章で書かれた小説はケータイ小説に限られるものではなく、誤字・脱字等は書籍・オンラインを問わず存在している。単にケータイ小説というカテゴリが発展途上にあるために起こった批判と捉える向きもあるが、根拠のある調査や資料はなく、全体としての評価は定まっていない。

製本化 編集

  • 文芸小説よりも一時的な部数が伸びやすい傾向のためか、次々に製本される動きがある。しかし、Amazon.co.jp等のサイトでは、利用者からの評価が低い傾向にある。
  • 本を読まない・読んだことの少ない世代(主に中高生)にとっては敷居が低く、支持を受けることが多いとされる。また、文を書かせたり読ませたりすることで思考能力を発達させたり、活字への興味を湧かせたりすることを期待されているようである。前者の可能性に関しては否定できないが、後者に関しては語彙に乏しく稚拙な文章表現に馴染んでしまうことにより、かえって活字離れや表現力不足を悪化させてしまうとの指摘がある。

ケータイ小説家 編集

Stubico この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
 

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。