FANDOM


ショートメッセージサービスSMS:Short Message Service)とは、携帯電話PHS間でごく短い文字メッセージ(メール)をやりとりするためのサービスである。

SMS(GSM・W-CDMA) 編集

狭義のSMSとしては、GSMW-CDMAの携帯電話同士でやりとりできるメール、及びそれに互換性のあるメールのことを指す。 GSMを元にしたW-CDMA(日本ではSoftBank 3GFOMA)でもGSMと互換性のあるメッセージのやりとりができる。

GSMのSMSでは、メッセージはセンターを経由して、送信先の携帯端末に送られる。送信先が圏外にいるなどして送信できなかった場合は、送信できるようになった時に再度送信される。

1つのメッセージで最大140オクテットまで送ることができる。文字コードにはGSM 7-bit default alphabetUCS-2を使用することができる。7ビットのdefault alphabetを使用した場合、最大文字数は160文字となる。UCS-2を使用した場合、アルファベットのほか漢字キリル文字アラビア文字など様々な文字を送受信することができる。ただし、送受信する端末がそれに対応している必要がある。この場合は最大70文字となる。

多くの携帯電話事業者が、他の事業者へのSMSのゲートウェイを持っており、外国の事業者も含めた他の事業者の携帯電話へもメッセージをやりとりできるようになっている。事業者によってはインターネットへのメールの送受信も可能になっている。

SMSを拡張したものに、文字の大きさを変えたり、画像や音声、簡単なアニメーションなどを入れたりできるようにしたEMSEnhanced Messaging Service)や、EMSをさらに拡張してカラー画像や動画を入れられるようにしたMMSMultimedia Messaging Service)がある。

日本のショートメッセージサービス 編集

海外では、第二世代携帯電話規格としてはGSMとCDMAが主流だった。この2つの規格は国際的に広く利用されており、SMSの仕様を含んでいた。そのためGSMとCDMAのSMSは異なる仕様だったが、ゲートウェイなどを介して実際には相互運用性は維持されている。

しかし日本は、第二世代携帯電話規格に異端のPDCを採用したため、海外および国内の事業者間での相互運用には現在でも幾つかの問題がある。

日本で提供されているサービスとして、NTTドコモmovaショートメール、FOMAのSMS(国際SMSもある)、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン日本法人)・ツーカースカイメール、SoftBank 3G(旧Vodafone 3G)のSMS、auCメールウィルコム(旧DDIポケット)のPメール・ライトメールがある。

また、過去に日本で提供されていたサービスとして、ドコモPHSのきゃらトーク・きゃらメール、アステルのAメール、日本移動通信(IDO、その後のau関東・中部地域)のPDCサービスで提供されていたプチメールDDIセルラー(その後のau関西地域など)PDCサービスのセルラー文字サービスたのしメールがある。

日本では1996年以降、DDIポケット(現ウィルコム)のPメールや、DDIセルラー(現au)PDCサービスのセルラー文字サービスなど各社がサービスを開始、後に事業者間のメール交換手段としてNTTドコモのiモードメールが普及し、キャリア固有のメールサービスへの移行が進んだ。

問題点 編集

Eメールにおけるスパムと同様に、ランダムに生成した電話番号へスパムメールなどを大量に送信する業者が多く存在する。ワンクリック詐欺等の被害も発生しており、SMSの利用を取りやめる使用者もいる。

日本国内の通信キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイル)間では、相互にSMSがやり取りできない問題点がある。

メッセージのやり取りにおいて、短文のSMSで必要十分な場面が多いが、通信キャリアが異なるために、SMSに比較して高価であるiモードメールやMMSを利用しなければならなくなっていることも多い。今後の日本国内の通信キャリア間の課題のひとつと考えられる。

注釈編集


関連項目編集




























Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ショートメッセージサービスにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。