FANDOM


テンプレート:Anotheruse

ファイル:Strap6527.JPG

ストラップ (Strap) とは、一般的に紐のことを指すが、一般に日本では携帯電話に付ける提げ紐のことを指す場合が多い。その他には携帯ゲーム機カメラバッグギターなどの楽器を肩から吊す提げ紐、電車、バス等のつり革、シートベルトにも用いられる。また、動名詞形のストラッピングには紐で結びつける、縛り付ける、の他に、革紐で打つ、折檻するの意味合いがある。

携帯機用ストラップ 編集

携帯機用の提げ紐としてのストラップは、携帯電話、携帯ゲーム機等に付いているストラップ用のピンに、細い輪を通して使用する。携帯電話用のストラップは俗に「ケイタイ・ストラップ」と呼ばれる。

種類はショートストラップと、ネックストラップがあり、ショートストラップの多くは手首を通して使用し、ネックストラップはにかけて使用する。

形状は色々なものがあるが、一般的なものは対象物に固着する為の細い輪と、手首等に通す為の紐で構成されている。この紐部分には色々な色であったり、模様が付いていたりと様々なものがあり、素材もビニールポリエステルなど多種にわたっている。また、根元部分に小さなアクセサリマスコットなどが付いていることも多く、携帯電話等を彩る為にも使用され、現代の根付とも言える。

1990年代後半から2000年始め頃のコギャルの間では十本以上ものストラップを取り付けるのが流行っていたが、本数が本数だけに、重量も携帯電話本体より重くなっていた。またその場合は吊り紐としての役割は完無であり、単にアクセサリとして用いていた。

ストラップは通常携帯電話ショップ等で売られているが、値段が比較的安価で軽いので、手軽な土産物としても売られ、販促品として飲料食品に付くことも多い。ミュージシャンなどのファングッズでは欠かせないアイテムとなっている。また市場などに出回らず、個人または団体が限定的に配布等をしているものも多く存在している。この例として、森田一義アワー 笑っていいとも!のテレフォンショッキングに出たゲストに配布される「タモリストラップ」がある。

ビーズなど装飾を施してファッション小物としても普及している。 [1]

楽器用ストラップ 編集

ギター/エレクトリックベース用ストラップ 編集

一般に「ギター・ストラップ」と呼ばれ、ギターやエレクトリックベース用ストラップでは右利きの場合、ストラップから頭を通して、左肩に引っかけて楽器を吊す。

クラシックギターにストラップを取り付ける場合は、片側をエンドピンと呼ばれる駒状のピンに、ストラップに空いている穴に引っかけて取り付ける。もう片方は、ギターのボディのネックエンド真裏や、ボディサイド面にストラップピンがある場合はそこに同様に引っかける。しかし殆どの場合そのピンが無いので、ネックとヘッドの間に紐を通してストラップに結びつけて取り付ける。

フォークギターエレクトリックギターやエレクトリックベースの場合は、ギターに取り付けられているエンドピンとボディのネックエンド真裏やサイドに付いているストラップピンに引っかけて取り付ける。

材質は、革、ポリエステル、ビニールなど様々なものがあり、販売価格は700円~15,000円程度である。ヘヴィメタルギタリストの場合は、金属の角や駒状のものが付いた派手目のものを選択する傾向がある。

長さも様々であり、調整不可能なものから可能なものがある。ギターを低い位置で構えるギタリストの場合は長めのものを選択する。

関連項目編集

テンプレート:Stuben:Strap fr:Nœud de pendu nl:Strop

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。