FANDOM


ネットいじめとはインターネット上におけるいじめである。ウェブサイトオンライン、あるいは電子メール携帯電話などの場で行われる。また、ネットいじめはインターネットというネットワークを通して全世界にいじめが広がる可能性がある。過激且つ陰湿なものはネットリンチとも呼ばれる。

概要 編集

ネットいじめは匿名性があるため、通常のいじめのように相手との物理的な力関係が軽視され、その意味が薄れる。また、ネットは監視に欠け、いじめが横行しやすい。直接的な対面がないため、相手の気持ちが通常のいじめ以上にわかりにくいという特性を持つ。悪質なケースでは、標的を誹謗中傷するだけでなく、標的を特定して個人情報をネット中にばら撒き、更にはネットの世界を飛び出して自宅や職場に直接嫌がらせする場合まである[1]

ネットいじめは中傷等が目に見える形でネット上に記録されてしまう為、いじめ被害者が癒されずに苦しみ続けるという性質を持つ。特にウィキペディアなどのウィキを使用しているサイトや2ちゃんねるのような掲示板サイトなどは記録を半永久に保存し続けるというシステムを採用しており、管理者が削除しない限り中傷等の記録(ログ)がいつまでも残り続けてしまう為、ネットいじめの温床になっている。なお、これらの記録が残るだけでなく、検索エンジンで検索されつづけるところに問題の根深さがある。

ネットいじめは通常のいじめよりも第三者に発覚し難い。この為、ネットいじめの被害者が突発的に自殺してしまった場合、何が原因で自殺したのか遺族等には皆目見当もつかなくなるという危険性が高い。

ネットいじめの手口 編集

2ちゃんねる等の匿名掲示板で被害者の所属する会社や学校のスレッドで誹謗中傷を行なうというのが従来のパターンであったが、最近ではより巧妙な方法を取るケースが散見されている。放置された掲示板や、放置されたブログのコメント欄にスパム的に個人の実名を上げた誹謗中傷を行い、それらが検索エンジンにより個人名で検索されるように仕向けるという方法を取るケースが増えている。今後のネットいじめの主流は検索エンジンを念頭に置かれたものに変わっていく可能性もある。

行政・マスコミなどの反応 編集

警視庁の電話相談窓口「ヤングテレホンコーナー」には、近年ネットによるいじめ相談が多くなっている。石川県では2007年1月22日にWEB巡視隊が発足した。

アメリカ合衆国では2003年バーモント州で13歳の少年が数ヶ月に亘り、校内とオンラインの両方で、ゲイと嘲られ自殺した事件がきっかけとなり、国内で取り組みが盛んとなった。自殺した少年の父親は息子の自殺後、バーモント州の学校に、ネットいじめの撲滅を訴えた。

パソコン家族の前に置くという対処もあるがこれは対処療法に過ぎず、根本的な解決にはならない。インターネットを実名にするという考えもあるが、インターネットオークションの問題と同じようにネットでは簡単に偽名を名乗ることができる為、これもまた抜本的な解決策にはならない。

ほとんどがいじめている人間がインターネットを使っていじめている相手を書き込むという、いじめの延長上の行為であるが、近年では警察捜査を行うことが多くなり、逮捕補導される人間も多くなってきている。2007年4月27日には、実名を挙げた中傷を放置し続け、被害者の削除要請も無視し続けていたサイト管理者が名誉棄損幇助容疑大阪府警南署によって書類送検されており[2]、ネットいじめを野放しにするシスオペの責任を追及する動きが生まれている。

出典・訳注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Stubcs:Kyberšikana en:Cyber-bullying es:Ciber-acoso it:Cyberbullismo pl:Cyberprzemoc zh:黃世澤

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。