FANDOM


ブラックリストとは、警戒を要する対象の一覧表のこと。対義語はホワイトリスト

金融 編集

金融業界では借金申込者に借金を延滞した等の事故情報(借金の返済における事故)がある場合、通常の金融機関では資金を貸出しづらくなる。金融業者は業者同士で事故情報を共有することによって、借金申込者の事故情報の有無を確認をできるようになっている。よって、金融業者が融資不適格者リストを作成しているわけではない。

しかし、事故情報の有無が確認されて新たな貸出を拒否となった場合、借金申込者から見れば自分が融資不適格者リスト(ブラックリスト)に掲載されてしまったという印象を与えて、このような言葉が発生したと考えられる。

信用情報を参照。

インターネット 編集

インターネットにおいては、スパム防止やウェブサイトのフィルタリングにおいて、受信や閲覧を拒否するアドレスのデータベースをブラックリストと呼び、それを使用するシステムをブラックリスト方式と称する。スパム (メール)#ブラックリストを参照。

いずれの場合も、対義語はホワイトリストである。こちらは安全なアドレスのデータベースであり、指定された以外のものを全てブロックする方式をとる。

携帯電話 編集

携帯電話では、利用料金を滞納した場合、強制的に解約となる。それを繰り返した場合、完済しない限り滞納したキャリア以外(当然プリペイド式は除いて)でも新規契約が不可能になる。この対象者のデータベースをブラックリストと呼んでいる。

なお、ブラックリストに載っているかどうかの判断基準は氏名と生年月日であるため、同姓同名で同じ年月日に出生したユーザーが滞納していたために新規契約が出来ない場合がある。

クレーム 編集

Stubico この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

関連項目編集

テンプレート:Stubbg:Черен списък de:Schwarze Liste en:Blacklist eo:Nigra listo fi:Musta lista fr:Liste noire it:Blacklist nl:Zwarte lijst pl:Czarna lista th:บัญชีดำ zh:黑名單 zh-min-nan:O͘-miâ-toaⁿ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。