FANDOM


ファイル:J-D07 Vodafone Japan.jpg

プリペイド式携帯電話(ぷりぺいどしきけいたいでんわ)とは、予め料金を前払いしておく方式の携帯電話のサービスである。

各国でサービスがあり、短期滞在の外国人(居住者以外でも使用可能)や、子どもの使い過ぎを防ぎたい(予め前払いしている金額までしか使えない)、主に着信待ち受け(有効期限当たりの前払い金額が基本料金換算で安い)などとして利用されている。

日本国外の状況編集

北米を除く日本国外で主流となっているGSM方式の携帯電話では、SIMカードに前払い済みの金額を登録し、一般に市販されている端末(電話機)に装着する方式である。基本料金は不要で、有効期間があり、登録してから一定の期間を過ぎると残額があっても緊急以外の発信・着信(着信側も通話料金を負担する双方向課金のため)ができなくなる。端末の取替えや電話番号の変更も、SIMカードの差し替えのみで可能である。

西欧などでは、加入者全体の過半数を占めている。

各国の事業者が自国内の電話番号を登録したものを国際的な通信販売で旅行者向けに販売している。国際ローミング契約と違い、国内通話となり通話料金が安いため人気がある。

日本での状況編集

日本では、専用の端末(電話機)を購入し、一定額のプリペイドカード(1枚当たり1,000~10,000円程度)をオペレータショップコンビニエンスストアなどで購入し、電話機の操作でカードに記載された固有番号を登録する方式となっている。

基本料金は不要で、発信利用権に有効期間があり、登録してから一定の期間を過ぎると残額があっても緊急以外の発信ができなくなる。また、着信のみの使用・新たな発信利用権の登録も、前回登録したものの期限切れから一定期間経過した場合、不可能となるものが多い。

1998年10月ツーカーホン関西が販売を開始したのが最初。当初、贈答用を想定して開発されたといわれている。

当初、購入に身元の確認が不要としていたが、その危機管理のずさんさを突かれ、不法入国者による麻薬覚せい剤等の密輸振り込め詐欺(オレオレ詐欺)、オークション詐欺等の詐欺誘拐などの犯罪に利用されるケースが多く発生した。そのため、端末購入時の身分証明書の確認など本人確認の強化が行われたものの、インターネットなどを通じて転売されているため、依然として不法入国者などが犯罪に利用するケースが後を絶たないが、合法的な利用者も多く、生活に支障をきたす恐れもあるため、端末全ての利用を停止させることができない問題が発生している。

そのため、元々消極的だったNTTドコモではプリペイド式携帯電話の新規販売を2005年3月31日をもって終了した。他社については、利用者の確認などの強化をして販売を継続するとしているが、草分けといえるツーカーではプリペイド及び通常契約の新規加入受付を2006年6月30日限りで停止し、2008年3月31日をもってツーカーの全サービスを終了した。

ツーカーが撤退して以降、プリペイドサービスを提供しているのはauとソフトバンクモバイルのみである。 ツーカーはコンテンツが限定されたEZweb(サービス名は「プリ de EZ」(ぷりでいーじー))が使えるまで進歩させたが、他のメーカーはそこまで進歩させようとはしない。
auプリペイドは他メーカーより早く3G機を発売したものの、しかし今現在Eメールさえ使えないという現状である。
ソフトバンクプリペイドサービス2008年2月4日ようやく3Gのプリペイドサービスをスタートさせた。名称は「プリモバイル」。 S!メールなどの基本的なメールサービスの提供や(月300円でメールし放題!もスタート)、TVコールもできる様になった。しかしウェブコンテンツへのアクセスは提供していない。これはパケット通信の課金方法がプリペイドサービスに合わないことが原因とみられる。事実、ツーカーの「プリ de EZ」は時間課金であり、また情報料の徴収は不可能であった。

サービス名称編集

かけられない通話先 編集

通常の携帯電話でかけられないものに加え、ナビダイヤルテレドームは全事業者とも通話不可。


日本における法的規制編集

2006年4月に、携帯電話不正利用防止法が完全施行され、携帯電話PHSについて契約者の本人性確認の義務付けや、不正な譲渡の禁止等がなされた。法律施行前からの利用者に対しては、新聞、インターネット、電話などで本人確認が必要となる旨を公示し、期日内に身分証明書を持参の上、販売店、代理店などに出頭を求めた。期日内に本人確認がなされなかった電話機については、契約を無効とし通話できなくする措置が取られた。法律施行後は、新規契約の際に身分証明書の提示を求められ、身元情報の照会が行われる。

プリペイド式携帯電話の規制が強化された結果、多重債務者などに通常の携帯電話の契約をさせ、振り込み銀行口座付きで転売させる、海外で加入し国際ローミング契約するなど、使用者を分からなくするための新たな手口も使われるようになり、通信事業者・警察等も対策に苦慮している。また、短期滞在の外国人など本当に必要な人が利用できなくなるという批判もある。(日本ではGSM方式の携帯電話がサービスされておらず、外国からの国際ローミングの受け皿となるサービスはCDMA方式といった第三世代携帯電話の一部に限られるため。)

年表編集

  • 1998年10月?日 - ツーカーホン関西が日本初のプリペイド携帯を発売開始。
  • 1999年?月?日 - 東海デジタルホンでプリペイド携帯を発売開始。
  • 1999年12月?日 - 日本移動通信(IDO、現在のau関東、中部地区)がプリペイド携帯「ぷりぺIDO」(PDC方式)を発売開始。
  • 2000年7月1日 - 購入時の本人確認が強化された。
  • 2000年10月?日- アステル東京PHS初のプリペイド携帯音声通信を発売開始。
  • 2001年12月?日 - 日本通信が日本初の仮想移動体通信事業者として、プリペイドデータ通信を発売開始。
  • 2002年6月30日 - au、PDC方式のプリペイド携帯の販売を終了。
  • 2002年7月?日 - au、cdmaOne方式のプリペイド携帯「CDMAぷりペイド」を発売開始。
  • 2003年3月31日 - au、PDC方式のサービス終了。
  • 2004年6月9日 - YOZANプチペイドの新規申し込みを停止。
  • 2005年3月31日 - NTTドコモ、ぷりコールの新規申し込みを停止。
  • 2006年4月1日 - 携帯電話不正利用防止法が完全施行され、本人確認がさらに強化された。
  • 2006年6月30日 - ツーカー、 プリケーの新規申し込みを停止。
  • 2006年9月1日 - ボーダフォン(当時の日本法人)、ボーダフォンプリペイドサービスとPjサービスの料金と期間を改定。ボーダフォンプリペイドサービスは通話料をこれまでの終日1分60円から、1秒2円に変更。pjは国内通話料をこれまでのスタンダード1分80円、ゴールド1分60円から、ゴールド・スタンダードとも終日1秒2円に変更。超短時間通話の場合を除き、実質的な値上げとなる。またボーダフォンプリペイドサービス、pjとも電話番号有効期間をこれまでの180日から360日に変更。
  • 2006年11月15日 - ツーカープリペイドサービスからauぷりペイドへの同番移行が可能となる。
  • 2007年9月1日 - ソフトバンクモバイル、ソフトバンクプリペイドサービスとPjサービスの料金を改定。6秒9円に統一される。
  • 2008年2月4日 - ソフトバンクモバイル、3Gのプリペイドサービス「プリモバイル」を開始。
  • 2008年3月31日 - ツーカー、サービス停止。ソフトバンクモバイル、プリペイド契約を含むPDC(2G)の新規申し込みを停止。

通常契約への移行編集

  • NTTドコモ及びauでは、同一電話番号にて通常契約に移行できる。
  • ソフトバンクモバイルでは、従来Pj(東海)のみ同番移行可能であったが、2006年10月23日よりソフトバンクプリペイドサービス(東海以外)でも同番移行可能となった。しかし2008年3月31日のSoftBank 6-2の新規受付終了により、通常契約への移行はできなくなった。プリモバイル(3G)は、通常契約への移行はできない。
  • ツーカーの場合は2006年6月30日にて通常契約の新規受付が終了しているので、2006年6月1日よりauの通常契約に同番移行可能である(2006年11月15日よりauCDMAぷりペイドにも同番移行可能)。ただし、ツーカーとauでは電話番号メールのシステムが違うため、電話番号メール(ツーカーの場合はスカイメール)を使用しているユーザーは移行に際して注意を要する。

MNP(番号ポータビリティ)での移行編集

脚注編集


関連項目編集




Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、プリペイド式携帯電話にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。