FANDOM


中部テレコミュニケーション株式会社(ちゅうぶ-、略称:CTC)とは、KDDI系の電気通信事業者である。

なお、同じくCTCの略称を使用する企業(伊藤忠テクノソリューションズ)が情報・通信業界に存在するので注意を要する。

沿革 編集

  • 1986年6月 中部テレコム・コンサルティング株式会社設立、 調査会社として活動開始
  • 1987年10月 定款変更(商号・目的)し、事業会社として発足
  • 1987年12月 第一種電気通信事業許可
  • 1988年6月 専用サービス開始
  • 2000年11月 株式会社アステル中部と合併
  • 2001年10月 企業向けデータ通信部門を分割しパワードコムに継承
  • 2003年1月 CTC EtherLINKサービス開始
  • 2003年4月 LINK CPE PACKサービス開始
  • 2003年8月 IP電話サービス・IPテレビ電話サービス開始
  • 2003年9月 IPセントレックスサービス開始
  • 2003年9月 CTC NetLINKサービス開始
  • 2003年12月 株式会社トーエネックからi-chubu(インターネット中部)営業譲渡、サービス開始
  • 2004年1月 Broad Diveサービス開始
  • 2005年1月 インターネットデータセンターにおけるサービス等についてISMS認証取得
  • 2005年5月 アステル事業終了
  • 2006年1月 中部電力株式会社からコミュファ(commuf@)事業承継、サービス開始。
  • 2008年4月 KDDIが中部電力から株式の80.5%を取得し、KDDIの子会社に移行した。電力向けの電気事業用通信事業は会社分割により中部電力に継承された。

かつて行っていた事業編集

アステル中部編集

アステル中部は、2000年10月1日に株式会社アステル中部との合併により継承したPHSサービスのブランド名称である。

詳細は、アステルを参照。

関連項目 編集

  • 電力系通信事業者

外部リンク 編集





Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、中部テレコミュニケーションにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。