FANDOM


携帯電話の絵文字では、主に携帯電話PHSインターネット接続サービス(iモードEZwebYahoo!ケータイH"・AIR-EDGE PHONE等)で使われる、1文字のコード(2バイト)で表される絵文字について説明する。

概要編集

携帯電話PHSEメールウェブページにおいて、1文字で表現を代用することができる絵文字が使われることがある。これは、携帯電話等の端末において文字の一部を1文字で表現する絵(例えば自動車や電車などのアイコン、フォント)に割当て、表示できるようにしたもので、携帯電話等の事業者により仕様が異なる機種依存文字であるため、基本的には、同じ事業者間の端末でしかやりとりはできない物である[1]。また端末の機種により絵の細かなデザインが異なったり、使用できる絵文字の範囲が違う場合もある(絵文字対応バージョンの問題)。

基本的に絵文字は機種依存文字であるため、ISO-2022-JPに準拠するべきとされている日本語のメールを他のネットワークに送出するべきではない。iモードの端末から絵文字をメールで送信しようとすると、メールサーバで「〓」に変換されて文字化けする。ただ、受信は素通りとなるため、他社端末で絵文字をそのまま送出する端末・サーバからの絵文字メールの受信は可能になる。また、Webページに関してはこういった制限はないため、ページ側と端末側の両方が対応していれば正常表示となり、対応していなかった場合別の文字に置き換えられてしまうケースが多い。(iモードとEZWebの絵文字は互換仕様となっており、多くの絵文字を共通で利用できる[2]が、今のところsoftbankの絵文字に両者との互換性はない。)

通常、絵文字の組み込まれたメールやウェブページは、一般のパソコンでは見ることはできない。しかし、各事業者の絵文字に対応したフォントをパソコンにインストールして表示させることはできる。このフォントは、各事業者公式の物として、また非公式のフリーウェアとしても、配付されている。

他社宛て絵文字変換機能 編集

他社宛て絵文字変換機能とは、Eメール送信時に、機種依存文字である絵文字を、他社の似かよった絵文字に変換して、他社のメール受信者に送信できる機能である。

送信先のキャリア(携帯電話会社)に相応するものがない場合顔文字一般の文字列に、それでも適切なものがない場合、メールサーバーを中継する際に「〓」(ゲタ記号)へ変換する。

他社絵文字変換機能には送信元のキャリア側のメールサーバーで自動変換する方式と、キャリア等とは関係ないメールサーバーを経由して変換し、受信者側に配信する方式がある。なお受信者側のサーバーで変換されることは現状ない。

2005年11月1日にVodafone 3G(現SoftBank 3G)で他社携帯電話宛の絵文字を含むメールの絵文字部分の自動変換機能を開始した。このサービスの特徴は特別な操作を必要とせず、絵文字を含まないメールと全く同じ送信操作で他社に絵文字を含むメールを送信できることである[3]。他社も追随し、2006年7月12日にドコモが、同年9月5日にauがサービスを開始したことにより、これら3事業者間においては、ユーザの特別な操作無く絵文字が送受信できるようになった(ただし、SoftBank 6-2では他社への絵文字送信は不可能である)。

なお、PHSについては他社携帯電話や他社PHSとの相互変換機能は実装されていない。(2007年2月現在)

キャリア サービスの開始 対象
ソフトバンク 2005年11月1日 MMSSoftBank 3G
NTTドコモ 2006年7月12日 iモードメール
au(KDDI) 2006年9月5日 Eメール

文字コード編集

使用される文字コードは以下の通りである。iモード向けの絵文字についてはiモード絵文字が詳しい。

  • au

Shift-JIS: 第1バイトがF3,F6,F7で始まる2バイト文字すべてと、F440-F47E, F480-F48D
Unicode: E468-E5DF, EA80-EB88

  • DoCoMo

Shift-JIS: F89F-F8FC, F940-F949, F950-F957, F95B-F95E, F972-F97E, F980-F9FC
Unicode: E63E-E6A5, E6AC-E6AE, E6B1-E6BA, E6CE-E757

関連項目編集

脚注編集

  1. 各社の絵文字に変換するメールゲートウェイやプロクシサーバも一部にある。また、KDDIのauなどNTTドコモ以外の端末でもiモードの絵文字には一部対応している、或いは互換仕様になっている物もある
  2. http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/i_mode.html
  3. 従来はメールアドレスの末尾部分を書き換えるなどの操作が必要であった

外部リンク編集

テンプレート:Keitai-stuben:Emoji zh:繪文字

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。