FANDOM


携帯電話ウイルス(けいたいでんわ-)とは、携帯電話端末の通信機能を介して他の携帯電話に伝播するコンピュータウイルスの一種である。

最初の携帯電話ウイルスは2004年6月にロシアで発見された「Cabir」で、Symbian OSを搭載した携帯電話同士で、Bluetooth機能を利用して感染した。携帯電話網を介したものではない。このウイルスは当初はあまり害がないと思われていたが、徐々に広がり、2005年3月時点で日本を含む17カ国で発見されている[1][2]

携帯電話の機能向上で高度なOSが搭載されるようになってきており、今後も携帯電話を対象にしたウイルスが増えるものと思われる。

エフ・セキュアが2006年4月27日の発表した情報によると、これまでに見つかった携帯電話ウイルスは2006年11月からの半年間で倍増し、200種類に達した。[3]

脚注 編集

  1. 携帯電話ウイルスを伝える第一報(2004年6月 INTERNET Watch)
  2. 「Cabir上陸」はどれほど恐れるべきなのか(ITメディア)
  3. 「携帯電話を狙うウイルス,半年で2倍に」---F-Secure(2006年5月1日 ITpro)

テンプレート:Keitai-stub テンプレート:Comp-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。