FANDOM


携帯電話IP接続サービス(けいたいでんわあいぴーせつぞくさーびす)は携帯電話端末によるインターネット等への接続サービスである。

歴史編集

初期の携帯電話は通話機能のみだったが、モデムを接続することでインターネットやパソコン通信を行うことが可能だった。

1998年ごろに同じ携帯電話キャリアの端末同士によるメール(ショートメッセージサービス)が開始された。また、携帯電話会社の提供する公式サイトへアクセス可能なサービスも始まった。

さらに、1999年に携帯電話端末だけでインターネットにも接続できるi-modeJ-SkyウェブEZweb(別名:EZaccess)といったサービスが開始され、特に記述言語がHTMLに似たCompact HTMLだったi-modeは対応サイトが簡単に作成できることから爆発的な人気を集めることになる。携帯電話による電子メールサービスも同時にインターネットメールに対応し、世界中の電子メール対応携帯電話やパソコンとのメール送受信が可能になった。

2001年第3世代携帯電話が登場し、高速なサービスが可能になった。この高速な回線を利用してアプリケーションをダウンロードして利用するといったサービスが開始された。

2004年フルブラウザを搭載した携帯電話端末が登場し、携帯電話向けの限定されたサイトだけでなく、パソコン向けにかかれた情報量の多いサイトも閲覧できるようになった。さらに、それまでは総通信パケット量に対して課金されていたのが、定額料金制度(つなぎ放題)も導入された。

コンテンツ編集

記述言語編集

サービスブランド編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。