FANDOM


沖縄セルラー電話株式会社(おきなわセルラーでんわ、Okinawa Cellular Telephone Company、通称:au沖縄セルラー または au沖縄)は、日本の電気通信事業者。沖縄県で携帯電話事業を行う地域会社である。KDDIの連結子会社。

概要編集

全国にあったセルラー電話グループは何度かの再編を経て現在のKDDI株式会社に統合されたが、沖縄県のみが地域企業として残った。地元に特化した経営を行っており(他キャリアは沖縄県を九州会社のエリアとしていた)、沖縄県内における携帯電話事業において2005(平成17)年現在約50%のシェアを有し、シェア首位を誇る。

シェアの高さから、電気通信事業法等の一部を改正する法律(2001(平成13)年法律第62号)によって、市場支配力のある事業者に対する非対称規制制度(ドミナント規制)の指定対象事業者にリストアップされたが、政治決着によって翌2002(平成14)年4月に除外された。

2006(平成18)年3月現在はKDDIが株式の過半数を所有しているが、同社は主に沖縄地域の財界人・有力企業が出資し、同県の経済振興を第一義として設立された会社である経緯と、またJASDAQで株式(1997(平成9)年4月15日)していることから、他の地域会社のように吸収合併をすることが困難な事情がある。

サービス内容についてはKDDIが提供するauと同一であるが、家族割でKDDI契約と沖縄セルラー契約の同一請求が出来ない等、一部のサービスに制限が存在する。「Au (携帯電話)」を参照されたい。

なお、現社長の起橋俊男は、現在のKDDIに吸収合併される直前の株式会社エーユーの社長を務めている。

端末のロゴについては「au by KDDI」であるが、auショップの看板やチラシなど、沖縄セルラー独自のものには「au」のみ、または「au 沖縄セルラー」などと記載されている。

端末のマニュアル類や銘板シールに関してもKDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社の両社の社名が記載されている。

沿革編集

  • 1991(平成3)年6月 沖縄セルラー電話株式会社設立
  • 1992(平成4)年3月 第一種電気通信事業許可を受ける
    • 7月 セルラー電話サービス契約約款の認可を受ける
    • 10月 携帯・自動車電話TACS(アナログ)方式のサービス開始
    • 12月 旧日本移動通信(株)とローミング、相互接続開始 旧KDD国際電話との相互接続サービス開始
  • 1993(平成5)年10月 セルラーメッセージサービス開始
  • 1994(平成6)年4月 移動機売切り制の実施
    • 6月 ちょっとコールサービス開始
  • 1996(平成8)年3月 稼働台数5万台突破
    • 7月 大口割引サービスおよび長期割引サービス開始
    • 11月 PDC(デジタル)方式のサービス開始
    • 12月 新規加入料廃止
      • 稼働台数10万台突破
  • 1997(平成9)年4月 株式を店頭登録(JASDAQ上場)
    • 12月 稼働台数15万台突破
  • 1998(平成10)年4月 119番(消防)、104番(番号案内)接続開始
    • 7月 CDMA方式(CDMA)のサービス開始
      • なかよし割引の導入
    • 12月 コミコミコールサービス開始
  • 1999(平成11)年1月稼働台数20万台突破
    • 2月 B.B.プランおよびたのしメールサービス開始
    • 4月 Cメールサービス開始
    • 5月 EZwebサービス開始
    • 6月 イヤートークプランサービス開始
      • 自動音声応答サービス開始
    • 7月 ながーく家族DE割引導入
      • 株式分割実施
    • 9月 セルプリホン(プリペイド電話)発売開始
  • 2000(平成12)年1月 CDMAシングルモード移動機発売
    • 7月 全国シームレスブランド「au(エーユー)」の導入
    • 8月 国際ローミング機「グローバル パスポート」発売開始
    • 9月 アナログ(TACS)方式のサービスを終了
    • 11月 学生向け割引サービス「ガク割」の開始@mail(アットメール)サービス開始
    • 12月 「ez!an(イージャン)」開設
  • 2001(平成13)年2月モバイルバンキングサービス開始
    • 4月「ez!an(イージャン)メンバーズ」開設
    • 5月 ゆいまーるパックサービス開始
    • 9月 稼働台数30万台突破
    • 11月 ポイントプログラムサービス「ポイントα」開始
    • 12月 「ez!an(イージャン) club mare」開設
  • 2002(平成14)年4月 「CDMA 1x」サービス開始
    • 11月 本店所在地を那覇市久茂地に移転
  • 2003(平成15)年3月 デジタル(PDC)方式のサービスを終了
    • 6月 稼働台数35万台突破
    • 9月 auユビキタスワールド「U-biq」開設
    • 11月 障害者向け割引サービス「スマイルハート割引」の導入
      • 「CDMA 1X WIN」サービス開始
      • CDMA 1X WIN パケット通信料定額サービス「EZフラット」の導入
  • 2004(平成16)年8月 EZフラット廃止、「ダブル定額」の導入

キャラクター 編集

雄鹿の『auシカ』。プロフィールは以下の通り。

  • 慶良間諸島のとある島の生まれで、その島に海人のオジーと一緒に住んでいる。
  • 自分が天然記念物であるという自覚がない(おそらくケラマジカであると思われる)。
  • 気は優しく臆病で、人見知りする。このため、オジー以外の知らない人間が近づくとすぐに逃げてしまう。
  • 大好きなものへのこだわりが強く、特にauの携帯電話の話になると自己主張が激しくなる。
  • 好物はキノコで、食べる時は目を血走らせ、狼のように変貌するという攻撃的な一面も併せ持っている(実際に鹿はキノコを食べることがあるという)。

このように、NTTドコモのドコモダケをかなり意識している。

沖縄セルラーのプロモーション担当社員(賀数仁然氏)が考案。氏手作りの販売代理店のセールスマニュアル「auシカ選べない50の理由」が評判になり、本格キャラクター化。一般へは沖縄県内2005年春に展開したキャンペーン新聞チラシ広告が初出。

しかし、その後「やり方が露骨すぎる」などの反響があって露出が控えられたため、一部では『幻のキャラクター』視されてきたが、同年6月から7月にかけてのキャンペーンで本格的に登場し、人気が再燃。2007年9月1日からは公式ブログも開設されている。[1]

また、人気ゆえか沖縄以外のエリアでも時々auショップなどの販売店で見ることが出来るようである。

関連項目編集

  • パステルメール - 沖縄セルラー電話のau携帯電話でカラフルなメールの送受信ができるサービス
  • ウィルコム - 沖縄セルラー電話と同様に沖縄で地域会社として展開している
  • エヌ・ティ・ティ・ドコモ - 九州・沖縄地方で、NTTドコモを展開している事業者
  • ウィン♪ウィン♪ -沖縄県のフジテレビ系列局沖縄テレビ放送で11:00~11:30に放送しているローカル情報番組。スポンサーがこの沖縄セルラー電話である(スポンサー表示や読みではauとなっている。)。
  • 小島よしお - 沖縄セルラー電話のauのCMに出演。

外部リンク編集






Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、沖縄セルラー電話にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。