FANDOM


着うたフル(ちゃくうたフル)は、携帯電話で従来の着うたを1曲全体でダウンロードできる、日本国内ローカルの音楽配信サービスである。

圧縮率を約2倍に高めたHE-AACを使用することで、AACで圧縮された着うたの音質を維持したまま曲全体をダウンロードできるようになっている。着うたフルは、着うた同様、ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標である。

概要編集

2004年(平成16年)11月にKDDIのAu (携帯電話)ブランドでサービスを開始。ソフトバンクモバイル(旧・ボーダフォン)でも2005年8月よりサービスが開始され、NTTドコモグループでは2006年6月よりサービスが開始された。価格は着うたが(1曲主価格帯80円から120円程度 - 消費税込み)であったのに対し、着うたフルは(1曲主価格帯210円から420円程度 - 消費税込み)となっている。データ量は前者では1曲あたりおよそ200キロバイト程度だったが、後者はおよそ5メガバイトまで配信することができる。なお、着うたフルは着信音やアラームとして設定可能であり、着信音用にはあらかじめ指定されている1~5箇所から着うたを取り出し、設定することができる。また、配信会社によっては着うたフルにCDのジャケット写真、歌詞カードが含まれている場合もある。大容量ゆえにパケット定額制を利用していない場合パケット料金に注意が必要である。

近年では、着うたフルによる先行配信や、着うたフルでのみ入手可能なオリジナルソングの配信も開始されている。

対応機種編集

着うたフルは、着うたより後発であることと、データ量が着うたよりも大容量なことから、当初は対応機種が限られていたが、その後ほとんどの機種に対応するようになった。

  • auの場合、「EZ着うた」はCDMA 1X全機種とCDMA 1XのA13xx·A14xx·A53xx(A5301Tを除く)·A54xx·A55xxシリーズに対応しているが、「EZ着うたフル」はCDMA 1Xでは通信速度が遅いことや機種自体にそれなりの処理能力が求められること、パケット定額制が適用されないなどの理由で対応しておらず、CDMA 1XでもW11H·W11K·W21H·W21K·W21S·W21S·簡単ケータイ W32K・W62K・W63K・簡単ケータイ W62PTは対応していない。
  • ソフトバンクモバイルの場合、703SH·703SH·804SH·903SH·904SH·905SH·803T·903T·804N·804SSなどが対応している。基本的に2005年冬以降に発売された3G端末には標準対応している(法人向け端末も含む)。
  • NTTドコモの場合、FOMAP902iS·N902iX HIGH-SPEED·P702iD·FOMA·FOMA(P703iμを除く)・FOMA·FOMA(P704iμを除く)・FOMA・FOMA(NM705i除く)で対応しているが、それ以外の機種では、ストリーミング形式で聞くことしかできず、端末本体に保存ができない。auでは32Kbps~48Kbpsの2Mバイトまでの配信だがドコモでは64Kbps~320Kbps(SO903iでは128kbps以上の音質の場合は128kbpsにビットレート偽装することで対応。)の5Mバイトまでの着うたフルをダウンロードできるようになっている。さらに、DCMMというフリーソフトによって自作可能であり、他社よりも高音質配信が可能でユーザー受けは良い。
  • イー・モバイルの場合、音声通話サービスに対応しているH11Tのみに対応している。

サイトの対応状況編集

着うたフルサイトは、登場当初はauのみに対応のサイトが多かったが、NTTドコモやソフトバンクモバイルの対応端末が増加するにつれ、3キャリア対応の着うたフルサイトも増加した。

PC購入サービス編集

  • auは2006年5月17日より、LISMO対応携帯電話向けに、「LISMO Music Store」を開設した。これは、au Music Portから音楽を購入できるサービスで、購入した音楽は携帯電話に転送して聞くことはもちろん、EZ着うたフルと同じく一部分を切り取って「着うた」にすることも可能である。ただ、1曲210円~420円(税込)と高めで、そのわりにビットレートが32Kbps~48Kbpsとかなり低いために音質はあまり良くない点が問題視されている。配信楽曲数も約3万曲と、ITunes Store(日本版で400万曲以上)など他の音楽配信サービスより少ない。

データの認証と移行編集

  • 着うたフルは、電話番号が認証キーとなる。すなわち、ダウンロードを行った端末か、それと同じ電話番号を持つ端末でしか再生ができない。つまり、番号を変えずに着うたフル対応機種に機種変更すれば、機種変更後の端末でも再生できる。なお番号ポータビリティで他社へ乗り換えた場合は、データの形式が異なるので着うたフルの引継ぎは出来ない。また、SIMカードを再発行した場合も再生はできない。
  • mini/microSDメモリーカード対応機種とメモリースティックDuo対応機種の間では、移動できない場合もある(例:W31K→W41S・W31S→W42Hなど)。なおauの場合、LISMO対応機種同士であれば、2008年6月現在Windows XPおよびWindows Vistaに対応した各PCを介してソニー・エリクソン製端末とそれ以外のメーカー製端末間での引継ぎも可能である。
  • LISMOのみに対応し、SD-Audioやメモリースティックに対応しない機種では、PCの音楽ファイルをau Music Portで一度HE-AACに変換してから、端末に転送することになる。対応するコーデックはAAC、WMA、WAVに限られ、オーディオコーデックとして一般的なMP3には対応していない。
  • LISMO対応機種で外部メモリーに保存された楽曲は、LISMO非対応機種ではたとえ電話番号が同じであっても、再生できない。

関連記事編集

  • 着うた
  • 着信ボイス
  • 着もじ
  • 音楽配信

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、着うたフルにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ケータイ wikiaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。