FANDOM


着信メロディ(ちゃくしん‐)は、携帯電話及びPHSの着信音を単音又は2 - 128音程度の音楽メロディーにする機能である。略称の「着メロ」は、株式会社YOZAN(旧アステル東京)の登録商標

英語では ringtone と呼ばれる。アメリカの音楽チャート雑誌ビルボードでは、「Hot Ringtones」という着信メロディのヒットチャートが掲載されている。2006年6月26日現在、84作品がゴールド、40作品がプラチナ、4作品がマルチ・プラチナとして認定されている(ゴールド・ディスクも参照)。

着信メロディをダウンロードできるサービスがある。1曲25円などでダウンロードできるサービスと、会員登録をしてダウンロードできるサービスの2種類がある。

端末にあらかじめセットされている曲の場合、端末のメーカーにちなんだ曲が入っていることもある(日立端末における「日立の樹」、ノキア社製端末における「Nokia Tune」など)。

また家庭用の電話機でも、あらかじめセットされているものもある。

着信メロディデータの実体はMIDIファイル(SMF)であり、携帯電話本体に内蔵された音源を使用して再生される。

歴史 編集

  • 1996年5月 NTTドコモの「デジタルムーバN103HYPER」(製造元:NEC)が発売された。着信メロディ機能が世界で初めて搭載され、プリセット楽曲から選択できた。
  • 1996年9月 日本移動通信(IDO・現=au)が、「デジタルミニモD319」(製造元:日本電装、現デンソー)発売。携帯電話としては初めて、自分で作曲したメロディを着信音にすることができる 「メロディ着信音作曲機能」を搭載した。
  • 1996年11月 電子楽器通信カラオケ業界のメーカー系業界団体である社団法人音楽電子事業協会(AMEI)の著作権委員会業務用通信カラオケワーキンググループ委員、ソフトウェア委員会マルチメディア研究部会副部会長であった松川政裕氏が、頭打ちの傾向が見られ始めたカラオケ業界の新規事業プランとして、「携帯電話着信音のMIDIデータ化とその配信及び課金」構想を発表。
  • 1997年6月 アステル東京が、「着信メロディ呼び出しサービス」開始。対応機種である「AS-11」(製造元:シャープ)、「AD-11」(製造元:デンソー)が遅れて発売された。
  • 1998年7月 双葉社から発売された辻めぐみ氏が生みの親の『ケータイ着メロ ドレミBOOK』が着信メロディブームの火付け役となった。同書は1999年3月時点で8冊計350万部を売り上げた。
  • 1998年10月 アステル東京が「着メロ」商標登録。
  • 1998年11月 デジタルホングループ(現ソフトバンクモバイル)が、着信メロディ配信サービス「スカイメロディー」サービスを開始。
  • 1999年9月 NTTドコモのiモードの公式サイトとして、ギガネットワークス(コンテンツプロバイダー,運営元)、による着信メロディ配信サービス、「着信メロディGIGA」を開始。
  • 1999年12月 NTTドコモのiモードの公式サイトとして、エクシング(通信カラオケ業者,コンテンツプロバイダー,運営元)、フェイス(ファイルフォーマット開発)、ゼン(配信システム開発)による着信メロディ配信サービス、「ポケメロ」を開始。

着信メロディ配信サイトの詳細 編集

  • ランキング
日本全国の着信メロディ利用者が、ダウンロードした曲の中で、ダウンロードをする人が多かった曲を、1位から順に発表するページである。その時に流行っている曲(例:ドラマの主題歌やCMの使用曲)がランクインされることがほとんどである。前の日のランキング・1週間の間のランキング・1ヶ月の間のランキングなど、種類は様々であるが、1週間の間のランキングが多い。
  • プレゼント
様々な曲を、他人にプレゼントできるサービス。月額制の着信メロディ配信サービスであっても、相手がそのサービスに会員登録していなくても相手にプレゼントできる。
  • 試聴
配信されている様々な曲を、ダウンロードする前に試しに聞いてみることができるページ。たいていは、この試聴機能が付いている。
  • リクエスト
配信されていない曲がある場合に使えるサービス。配信して欲しい曲名・アーティストやコメントを入力して使う。このサービスを使うと、リクエストした曲が配信される。当然、配信されない場合もある。

その他 編集

  • インターネット上のサイトに、着信メロディ配信サービスがある。ダウンロードしたい携帯電話のメールアドレスを入力して携帯電話にメールを送ると、携帯電話で欲しい曲がダウンロードできる。
  • 欲しい曲を、好みの音色にアレンジすることができる着信メロディ配信サービスがある。例えば、オルゴールトランスレゲエなどにアレンジできる。
  • 自分で着信メロディを入力しやすいように編集画面を五線譜とした機種も存在したが、現在は激減している。

関連項目 編集

テンプレート:Keitai-stubbg:Рингтон de:Klingelton en:Ringtone fi:Soittoääni fr:Sonnerie hu:Csengőhang it:Suoneria nl:Ringtone no:Ringetone pl:Dzwonek ru:Рингтон zh:电话铃声

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。