FANDOM


着信御礼! ケータイ大喜利』(ちゃくしんおんれい ケータイおおぎり)は毎月1回、NHK総合テレビジョンと海外向けのNHKワールド・プレミアムにて深夜生放送されているバラエティ番組である。

概要 編集

土曜の夜はケータイ短歌』同様、NHK教育テレビNHKラジオ第1で放送された『眠れない夜はケータイ短歌』が起源とされている。

初回は2005年1月5日深夜25時6分 - 26時26分(JST)。当初は不定期だったが、2006年3月28日分以降から毎月1回の放送となった。同年4月29日からの生放送日時は原則として毎月最終土曜深夜に放送し、放送時間は当初50~60分だったが、2007年以降は必ず24時55分に終了しなければいけないためか、40分・45分になることが多い。また月曜日連休がある場合日曜深夜=月曜未明に放送することがある。(例:7月=7月16日深夜、9月=9月17日深夜)。10月からは月曜日も休みの7,8日ではなく、15日深夜に放送となり、初めて暦の上では平日の放送となった。11月と12月も日曜深夜(平日の月曜日)に放送された。しかし、視聴者からは不評のため、翌2007年に以前の日曜未明(土曜深夜)放送に戻された。

2006年9月の放送は当初17日深夜24時35分 - 25時35分に放送する予定だったが、「台風13号関連ニュース」のため17日深夜24時10分 - 25時00分の「25分繰り上げ・10分短縮」というテレビ業界としても異例の措置が取られた。

NHKワールド・プレミアムでは1週間後以降に録画放送されることが多い。

NHKでは数少ない、スタッフの笑い声が聞こえる番組である。

NHKは、この番組を「放送とインターネットの融合のあり方を実験する番組」と位置づけており、ここでの経験を、他の番組作りに活かしている。毎回アクセス数が十数万件を超えて今尚、増加傾向にあるために常に投稿システムの見直し(改良)が行われている。2006年10月放送からは大喜利の参加方法そのものが変更された。

ルール 編集

  • 出題される大喜利のお題に対して視聴者(オオギリーガー)が携帯電話を使って回答を送信する。構成作家陣の第一次審査を経た上で、千原ジュニアのパソコンに送られてくる作品をジュニアが選び今田耕司がお題を振った後、読み上げる。投稿された作品を板尾創路が判定。携帯電話の電波範囲になぞらえて、アンテナ3本、2本、1本、圏外の4段階で判定する(圏外の判定が下されることは滅多にないが、マニアックすぎる内容だったり、番組の始まる前のニュースを見ていないとわからないような内容の場合は、若干の躊躇の後に圏外の札が上げられる)。エンディングでアンテナ3本の中から大賞とゲスト賞を決める。
  • 回答者である視聴者はメジャーリーガーになぞらえてオオギリーガーと呼ばれる。
  • 2007年4月放送分から昇格システムが変更になった。ルーキーより上のランクはメジャー・オオギリーガーと、その上のレジェンド・オオギリーガーの2種類に大別され、メジャーが初段から七段に細分化された。メジャーではアンテナを3本獲得するごとに昇段となる。これは一つの回答で3本を取ってもよいし、2本と2本、2本と1本などの合わせ技でもよい。アンテナ変更前のメジャーはメジャー初段、スターはメジャー二段、殿堂はメジャー三段に編入。また、最優秀作品に選ばれた場合はさらに一段昇格する。
  • 2007年3月以前の昇格システムは、以下のようなものであった。
    ルーキーメジャースター殿堂入りの4段階に分けられ、最初はルーキーからスタートする。番組外で行われているメジャー昇格の企画をクリアするか、あるいは番組中に回答が採用されアンテナ1~2本の判定を受けるとメジャーに昇格する。ルーキー及びメジャーが番組中に採用されてアンテナ3本の判定を受けるとスターに昇格できる。スターがアンテナ3本の判定を受けると殿堂入りとなる。なお、番組開始以来、メジャー以上に昇格した視聴者に対して降格はなかったが、2007年3月31日の放送で「メジャーオオギリーガー入れ替え戦」が実施された。当日の放送で回答を紹介されず、その後実施された敗者復活戦でも選に漏れた視聴者は、ルーキーからやり直しとなった。

問題 編集

  • 第1問
    ルーキーオオギリーグ。この問題はルーキーのみ投稿可能。放送日前にホームページ上に出題されており、じっくり考えることができる。初めの一度は放送日前に募集して(締め切って)いたが、現在は他の問題と同様、放送中に投稿する。
  • 第2問
    回答発表時に何らかの演出が施された問題が出される。ほとんどはアナウンサーやアニメ(過去の民放放送分が大半)のキャラクター等に面白い一言を言わせる問題。このお題では実際にアナウンサーやキャラクターを演じていた声優等をゲストに招き、回答を読んでもらう。出されたお題と出演者は後述。
  • 第3問
    大喜利らしいオーソドックスな問題が出される。
  • 第4問
    10文字作文。2006年5月放送分より登場。指定されたテーマに沿って回答はぴったり全角の10文字でなければならない。ひらがな・カタカナはちもろん、漢字・アルファベット・記号等も1文字として扱う。

尚、2007年3月までは、以下のような問題の順番であった。

  • 第1問
    大喜利らしいオーソドックスな問題
  • 第2問
    アナウンサーやアニメのキャラクターに面白い一言を言わせる問題
  • 第3問
    ルーキーオオギリーグ
  • 第4問
    10文字作文

放送時間短縮の影響もあってか、2007年1月放送分以降は出題数が全3問になる傾向がある。ルーキーオオギリーグが第2問に実施され、第3問に趣向を凝らした問題(ゲストが回答を読む、10文字作文など)が出される。

出演者 編集

  • 司会:今田耕司
  • 審査員:板尾創路
  • 回答読み上げ:千原ジュニア(初期は回答者として参加していた)
  • ゲスト:女性タレント1人
  • アシスタント:NHK各局の女性アナウンサー1人。投稿受付センターを担当する

過去の司会陣 編集

これまでに出演した女性ゲスト 編集

ここ最近は、中川と関根の出演が多くなっており、番組でも司会の今田が2007年6月に『スタッフの中で“しょこたん(中川)派”と“関根派”が争っている』と発言した。

毎月放送移行後のアシスタント女性アナウンサー 編集

※印は、当該担当後に異動となったことを指す。

放送日 担当者 放送時点の
勤務局
入局年次
2006年3月28日 守本奈実 福岡 2004年
2006年4月29日深夜 鈴木奈穂子 松山 2004年
2006年5月20日深夜 井上あさひ 広島 2004年
2006年6月24日深夜 久保田祐佳 静岡 2005年
2006年7月16日深夜 松村正代 盛岡 2004年
2006年8月13日深夜 高橋さとみ 長野 2006年
2006年9月17日深夜 渡邊佐和子 熊本 2006年
2006年10月15日深夜 中村慶子 徳島 2005年
2006年11月26日深夜 中村愛 松江 2005年
2006年12月24日深夜 出田奈々 山口 2006年
2007年1月27日深夜 杉浦友紀 福井 2006年
2007年2月24日深夜 高橋さとみ 長野 2006年
2007年3月31日深夜 渡邊佐和子 熊本 2006年
2007年4月21日深夜 出田奈々 山口 2006年
2007年5月12日深夜 中村慶子 徳島 2005年
2007年6月16日深夜 杉浦友紀 福井 2006年
2007年8月4日深夜 森花子 甲府 2007年
2007年9月1日深夜
2007年9月22日夜

原則として、全国放送デビューを果たしていないアナウンサーを選び、お披露目の場としていたが、3年目以内のアナウンサーがほぼ出尽くしてしまったため、2007年1月は、既に『夢見るタマゴ!熱血浜田塾』のアシスタントを務めた杉浦が起用された。2007年2月以降は、2巡目に入った。そして、8月から2007年入局の新人アナウンサーが全国お披露目される予定である。

回答読み上げゲスト 編集

以下は、番組に出演した声優ゲストと、お題となったアニメ及びキャラクターである。

その他 編集

  • 古屋明信 - NHKアナウンサーOB、現在日本語センター在籍でラジオのニュースを担当している。2006年8月13日深夜放送分で臨時ニュース「番組の途中ですが」という文を用いた回答の読み上げ、2007年1月28日深夜放送分ではマラソン中継で「その実況いらん!」というお題で回答の読み上げを担当。
  • 桶谷早苗 - 実際にカーナビの音声ガイダンスを担当している。2006年9月17日深夜放送分で「腹の立つ音声ガイダンス」のお題で回答の読み上げを担当。
  • 阿藤快 - 2007年5月12日深夜放送分に、旅番組のレポーターとして出演。「今日の阿藤快さん、やる気ないな〜」のお題で読み上げを担当。
  • 中村啓子 - 電話の時報や留守番電話サービスの声を担当している。2007年8月4日深夜放送分で「えっ! こんなお知らせしてるの?」のお題で回答の読み上げを担当。

その他編集

  • この放送はハイビジョン製作だが、4:3画面にあわせるため、お題と名前が出たときは両端にかなりの余白が発生し、完全なる16:9の画面は全体の半分ほどである。
  • 2006年8月放送分では夏休みとして、特別にオオギリーガー以外のプロ枠で宮川大輔レギュラーまちゃまちゃが出場したがオオギリーガーの紹介が少なくなってしまった。
  • 番組宣伝を兼ねて芸能人がVTRでフリップを用い回答することがある。過去には釈由美子北島三郎などが出演。
  • 2006年12月24日放送時、3問目でコンピュータシステムが一時的に停止したため、ごくわずかしかネタを紹介できなかった。その後の4問目は問題なく進められた。
  • 同日は、司会の今田は数時間前まで『M-1グランプリ』の司会をこなしており、6時間ほどの間に2つのお笑いの番組の司会を取り仕切った。今田はオープニングで番組名こそ出さないもののM-1のことに言及していた。同日のゲストだった中川翔子も数時間前にはナインティナイン司会のTBSの番組に生放送出演していた。
  • 2007年5月6日NHK放送センターで行われたイベント「渋谷DEどーも'07」の中で、板尾と千原が出演してのトークショーが開かれ、3人のメジャー・オオギリーガーがゲスト出演した。司会は新潟放送局荒木美和アナが起用され、ホームページへの投稿と来場者、メジャー・オオギリーガーが投函した作品による大喜利作品発表があった。

アナウンサーメモ 編集

  • 毎月放送移行後は、毎回「アナウンサーメモ」なるものが登場する。これは、その回投稿受付センターを担当する女性アナウンサーについて紹介するために用意されたものである。というのも、起用されるのは入局して3年以内の若手ばかりなので、早く皆さんに覚えてもらおうという意味が込められている。
  • しかしこれ以後、記載内容がどんどん増えて、「メモ」ではなく「リポート」になっていき、遂には高橋アナ登場(2006年8月13日深夜放送分)に際してはホッチキス留めのリポートが出される始末。さすがの今田も「生放送やっちゅうことを忘れとる!」とツッコミを入れる。
  • この今田のツッコミを、スタッフは「ダメ出し」と解釈したのか、次の回の渡邊アナ登場(2006月9月17日深夜放送分)に際しては、渡邊アナについての「アナウンサーメモ」と同時に、スタッフからの「お詫び」のメモが今田に手渡された。内容は、「メモ」にまとめるべきところを「リポート」にまで膨らんでしまったことについて、今田からお叱りを受けたことに対する反省とお詫びであった。これに対し今田は、「別にスタッフに怒ったわけやなく、ツッコミやから!」と再びツッコミを入れた。この「お詫び」のメモが、スタッフの生真面目さとバラエティ番組への不慣れさゆえに作成されたものなのか、それともスタッフのシャレなのかは、定かではない。
  • このメモを作成しているのは本人ではなく、別のNHK職員。最初の担当者は、定期異動で広島放送局へ。そのことも番組で発表され、笑いを誘っていた。

スタッフ編集

外部リンク 編集

テンプレート:Tv-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。