FANDOM


090金融(ゼロキューゼロきんゆう)は、連絡先を固定電話の番号ではなく携帯電話PHSしか持たない違法な貸金業を指す言葉である。

概要 編集

貸金業を営むには必ず固定電話の番号を有しなければならない法律で義務付けられており[1]携帯電話の番号による登録は一切認められないため、固定電話の番号を有しない業者は全て無登録(闇金融)で営まれる非合法なものである。きわめて高い金利で貸し出していることが多い。

ちなみに、番号が「090-****-****」の他「080-****-****」や「070-****-****」、中には「090*-***-****」「080*-***-****」「070*-***-****」と一般の固定電話電話番号のように区切り方を変えている巧妙なパターンもあり、これらも総称して「090金融」と呼ばれるのが一般的である。

連絡先を携帯電話の番号だけしか持たず、その携帯電話も他人や架空の名義で取得した「とばしケータイ」であったり、悪質代理店の架空契約携帯電話の横流し品であったり、遺失物または盗品であったりする。このため業者の所在や実態がほとんど判明せず、違法行為が行われていても、捜査・取締りすることは極めて困難である。闇金融を撲滅する手段として、090金融の広告で用いられている番号を全て停止させ、一切利用させないのが有効ではあるが、「090-****-****という番号が闇金融で使われているので、利用できなくなるようにしてほしい」と事業者や警察に通報して届け出ても、顧客の守秘義務を盾にし、即座に停止させることができない、という問題点もある。[2]

プリペイド式携帯電話編集

かつてはプリペイド式携帯電話が悪用される事が多かったが、2000年頃から、プリペイド式携帯電話購入時に身分証明書等を提示による本人確認を義務づけ、携帯電話会社による開通作業を行わなければ使用できないようになったこと、また2005年から携帯電話不正利用防止法が一部施行されたことから、プリペイド式携帯電話を含めた携帯電話等の悪用は今後減少すると見られている。しかし、貸金業電話番号が全て固定電話だからといって、それだけで闇金融が壊滅する訳ではなく、着信転送電話代行によって、固定電話番号から携帯電話に転送していた事例が報告される[3][4]など、注意が必要である。

脚注編集

  1. 貸金業の規制等に関する法律第15条第2項、同法施行規則第3条の2第1項。
  2. 金融庁多重債務者対策本部有識者会議「多重債務問題の解決に向けた方策について 2007年4月9日
  3. 金融庁「貸金業制度等に関する懇談会 2006年3月22日
  4. 第165回国会 参議院財政金融委員会 2006年12月5日

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。